FC2ブログ

工芸士への道3

現在、うるし塗りの毎日です。
塗師の課題作品はというと・・・
sumihiki
とのこ下地の上に墨をひいて・・

中塗りうるしを塗りました。
nakanuri1
1回目の中塗りが終了しました。
nanoda
このあと、2回目の中塗りをする予定です。

蒔絵も
makie
着々と進行いたしております。

工芸士への道2

第1回目の中間審査が8月20日に行われました。

塗師の審査では、この日までに下地を完成させて伝統工芸館に持参すること。

で、オヤカタの出来は・・・
sitajikansei
こんな感じです。

木地に刻芋して、寒冷紗を張って、あとは地道にヘラでとのこ下地を重ねていき、最後に研ぎ上げてゆきました。

当然この下地は中塗り、上塗りを重ねると隠れてしまいます。

しかし、八女の伝統的工芸品の仏壇はこのように隠れてしまって目に見えないところまで、気をつかって仕上げてあります。

「刻芋」は、木地の継ぎ目がはずれたり、筋目がはいらないように。
「寒冷紗」と、度重なる下地の「ヘラ付け」は、もし、木地が痩せてしまっても木目が出ないようにする為です。

だてに「伝統的工芸品」ではありません。大量生産の品はこんな手間なんか掛かっちゃいません。

ところで、蒔絵の方は?
makie
この段階まで進んでおります。
gennga

原画からすると「扇子」のようですね。
ちなみに、蒔絵の工芸士にエントリーしているには、当店の店長「オオツボサン」です。

第2回目の中間審査は9月15日。
塗師は、この日までに中塗りを2回塗って、箔下部分は「胴摺り」をかけておくこと。

工芸士への道は遠い。

工芸士への道

今年、八女福島仏壇(協)から久々に伝統工芸士を受験するのが塗師3名、木地師1名、彫刻師1名、蒔絵師1名
の6名。

各部門に作品課題があって、前回もお知らせしましたが、塗師は仏壇の扉を1枚仕上げます。

そんなわけで前回の「刻芋」のつづき。
kokuso

Vカットした溝に刻芋うるしを埋め込みます。
これは、目止めと一緒に強力な接着剤となります。
nunokise

その後、「布着せ」といわれる作業です。

寒冷紗をニカワで木地に直接貼り付けます。

これは、木地が痩せて木目が出ないようにする為です。

tonoko

あとは、とのこをへらで薄く付けてゆきます。

以上は、塗師の作品課題です。

gennga

蒔絵の作品課題は、猫戸の蒔絵を描くこと。
まず、原画を描いてイメージを膨らませます。
kinnmaki

そして、塗り板に下書きをして、うるしを塗り金粉を蒔いていきます。

8月20日に中間審査があり、検査員のチェックがあります。
緊張の日々です。

いやな季節がやってきた。

夏は大好きなんですけどね。

この時期うるしを塗る部屋に小さな虫が出没するんですよ。
3mmくらいの茶色いやつなんですけど・・・
こいつが、全身全霊をかけて塗ったうるしの上に付着していた時は、意識が朦朧としてしまいます。
musi

うるしは樹液を精製してつくるから、ムシが好きなにおいを発するってのはわかりますけど・・

部屋はサッシで密閉しているのに・・
一体どこから・・・

また塗り直しです。

東遊記 帰宅編

今日、九州へ帰ります。
朝、7時半くらいにホテルを出ました。

これから一宮ICへ向かいますが、その前にちょっと寄り道を・・・・
以前、お世話になった「箔押し職人」の栗原さんへごあいさつに。

名古屋というところはドラゴンズの影響か、草野球熱が高いところです。
栗原さんもチームを持ってあって毎週日曜日は欠かさず草野球に参加してありました。
このチーム意外と名古屋の連盟では強豪の方で、毎年上位に名を連ねていました。

今では、審判として参加してあるそうです。

というわけで、今日は不在。
奥様とご挨拶。お元気そうで何より。

9時半に一宮ICに乗りました。

まずは三木ICで食事休憩。
misokatudon
味噌カツ丼です。
ソースのかわりに甘い赤味噌だれがかかっています。

赤味噌が苦手な方もいらっしゃいましょうが、赤味噌大好きな私は愛知県民が携帯電話と一緒に携帯しているという味噌ソース「つけてみそ かけてみそ」を愛用しています。

miso


これを納豆に掛けてちょっとからしをつけると非常に美味しい。

その次の休憩は宮島ICです。
miyajima
torii
鳥居がありました。
ここから厳島神社が見えるそうですが・・
itukusima
見えますでしょうか?

ここで、20分くらい休憩です。
燃料も入れて出発です。
延々と高速を法定速度で走行して・・・

到着
me-ta-

高速料金は2500円でした。

ちなみに走行距離はトリップメーターが一周回って1720kmです。

疲れました。