FC2ブログ

工芸士への道

今年、八女福島仏壇(協)から久々に伝統工芸士を受験するのが塗師3名、木地師1名、彫刻師1名、蒔絵師1名
の6名。

各部門に作品課題があって、前回もお知らせしましたが、塗師は仏壇の扉を1枚仕上げます。

そんなわけで前回の「刻芋」のつづき。
kokuso

Vカットした溝に刻芋うるしを埋め込みます。
これは、目止めと一緒に強力な接着剤となります。
nunokise

その後、「布着せ」といわれる作業です。

寒冷紗をニカワで木地に直接貼り付けます。

これは、木地が痩せて木目が出ないようにする為です。

tonoko

あとは、とのこをへらで薄く付けてゆきます。

以上は、塗師の作品課題です。

gennga

蒔絵の作品課題は、猫戸の蒔絵を描くこと。
まず、原画を描いてイメージを膨らませます。
kinnmaki

そして、塗り板に下書きをして、うるしを塗り金粉を蒔いていきます。

8月20日に中間審査があり、検査員のチェックがあります。
緊張の日々です。

スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)