FC2ブログ

北岡様 大石様の進ちょく状況

先日、大石さまからお仏壇をお預かりしました。

早速、解体いたします。
ooisisama
金具がかなり痛んでいる様子。
kanagu
上の列と下の列で金具の痛み方が違います。
これは、上の木地にはすこし塩分を含んでいるという事です。

これは、オヤカタの名古屋の知人で、かつて材木問屋に勤めていた「ナカムラ」、通称「ロク」から聞いた木曽ヒノキの話しです。

木曽ヒノキは岐阜の東濃地区というところで育ちます。
これを名古屋まで移送するのに、昔は川を利用したそうです。
丸太を川に流し下流の愛知県まで運んだわけです。
そして、名古屋市の中央を流れる堀川に浮かべておくのですが、やはり満潮時には海水が逆流し幾分かの塩分にさらされる事になり、材木に塩分が残るという事になってしまっていたそうです。
いまでは、陸送するためそんな事はないと言ってました。

国産の材木でも昔は塩分を含んでいたのもあったんだよ。というおはなしでした。

さて、それでは塩分を含む材にどう対処するかと申しますと・・・・・・。

塩分を含まない材料と交換いたします。(そのままやんか)
そうすることで、今後金具の損傷をグッと抑えることができます。

週明けに木地師「マツナガ」に持込み決定!

北岡様

現在、すすぬきを終了し
kitaokasama
かなり、下地が痛んでいてうるしがはがれっぱなしです。

sonsyou
痛んだ下地をすべて剥ぎ取り、再度下地を施しております。

以上、報告を終わります。









スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)