FC2ブログ

続、カズオミの憂鬱

ここで、私がカズオミのお父さんとの会話の中で印象に残っている会話がありますので、それを披露したいと思います。

が、続きは次回へ・・・のつづきです。

数年前の事です。

当店から30数年前お仏壇を購入されたお客様から、塗りなおしの依頼を受けた時の話です。

そのお仏壇についている金具を一つ残らず取り外し入部さんの作業場に持っていきました。

[回想シーン]

私、「この金具外しよったらひん曲がったけん、叩いてのばしてもらえるやろか?」

入部さん、「あぁ。」おもむろに金具の一つに手を伸ばし、
      
       「これは、親父がうった金具やね。」

私、     「わかると?」「なんで?」・・当然そんな事を事前に話していません。・・

入部さん、 「わかるばい。」
      
        「これは、あにきが打っとる。これは親父。これは、あにき・・・」

     ・・手に取るや次々と言い当てます。私にはまったく同じ金具にしか見えません。・・
      
       「おれが打っとる金具のなかけん、30年くらい前んとやろぅ。」  

私、     「まるで、同じ図柄やね、どうして判ると?」

入部さん  「くせのあるとたい・・」

私、    「親父さんが作ったという事を言い当てただけでもすごかつに、年数まで言い当てられると       は脱帽やね。」

そういった会話をした事があります。

私はそれまで正直、手打ち金具はうすっぺらで、柄がゆがんでたりとか、ビミョウに不揃いだとか、あまりよくは思っていませんでした。

厚いプレス金具に取り替えてやったほうがお客さんも喜ぶだろうと思い込んでいました。

しかしそんな会話の後、手造りの品には小さな部品ひとつにも多くのストーリーや作り手の歴史が隠されているって事に気づかされました。

ちょっと感動し自分の仕事にちょっと自信を持った出来事でした。



     

スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)