FC2ブログ

おっと、秘密兵器登場!

おっす、ふくだよ。

昨日の夕方、店の前の国道442号線で事故があったんだ。

小学生の男の子が、車と接触。転倒して頭を打ち、たんこぶが出来るといった事故やった。

男の子は、意識もはっきりしていて自分の名前や家の電話番号もスラスラ言える位元気だったんだけど、大事をとって、救急車を呼びました。

その子は、救急車に乗るのを躊躇っていたんだけど、おいらが「せっかく呼んだんだから、乗ってけよ」って言ったら素直に乗った。なんか、オヤカタの先輩の事故を思い出してしまった。

今度は、警察の現場検証が始まったんだけど、目撃者がうちの「シャチョウ」で、「おれが一部始終見ていた。」と言い張り、警察官に一部始終とやらを切々と語っているのだが、・・どうも、運転手さんとの証言と食い違いがある。ナンデ?

運転手さんは、西から東へ進んでいたといい、「シャチョウ」は北から来たと言い張る。
警察も「おいおい、いいかげんにしてくれよ。」状態。
いやいや、日本の優秀な警察官は決してそんな事思わない。おいらだったら、「いいかげんにしてくれよ。」状態カナ?

そんなこんなで、すったもんだしていた時、

「私でお役に立てるなら。」と、なぞの紳士登場。
このなぞの紳士は、事故のあった交差点で、信号待ちをしていたそうだ。そして彼の車には、タクシーなどの車両に搭載してある、事故を記録する機械。いわゆる、ドライブレコーダーが付けてあったのですガナ。

そこで、警察官と紳士のレコーダーの解析が始まり、・・事実が見えてきた。
結論。車は、西から東へ進行中、信号無視の少年と接触。と、いうことになりました。
ひとしきり、紳士にお礼を言う警察官。小さくなって、フェードアウトしていく「シャチョウ」。

人の記憶のあいまいさ、先入観で判断を見誤る事の典型的な事例でした。

ところで、そのなぞの紳士の正体は・・・
なんと、アネキの高校時代の先輩で、中学校の教師をしてある人だったって、懐かしい人と会って昔話に花が咲いたと喜んでいたアネキ。

ところで、うちの車にも付けてよ。ドライブレコーダー。


スポンサーサイト



COMMENTS

No title

何度も拙者のブログを取り上げてくれてありがとう。今度来た時には、美味しいスルメを持参しますよ。

お待ち申しております。

スルメ大好き。ありがとう。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)