FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

布着せとは。その2

さて、布着せの続きです。

木地の接合面を彫刻刀でVカットし、「こくそ」と呼ばれる補強をします。
vkatto

kokuso
これで、木地のつなぎ目は格段に補強されました。

次に、「布着せ」です。
nunokise

nunokise
にかわを配合した砥の粉下地で貼り付け。
nunokise
平たい扉の部分も布を着せます。
うちでは、寒連紗の目の細かいのを使用します。
これが、「布着せ」です。

こうすることで、接着面の補強が数段アップし、長年たってもひび割れや、継ぎ目が浮いたりはしません。

うちで製造する仏壇はこういった作業をしっかりしますが、量産されているものや、中国製の物は省略されています。

金額や品質の差はこういったところで出てくるのです。


スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。