FC2ブログ

工芸士への道5

2回目の中塗りうるしを塗り終わって、箔下の部分に「箔下消しうるし」を塗り終わりました。

今日から「胴擦り」に入ります。

金箔を押す部分を刷毛塗りしているため、どうしても「刷毛目」といわれる刷毛スジが出ます。
その刷毛目を炭で研いで平らにし、そこにうるしを刷り込んで、なおかつ研ぎ上げて「炭研ぎ」の目すら消すという技法です。
suriurusi
金箔を押す箔下うるし部分を丹念に炭研ぎした後、液状に溶いたうるしを刷り込みます。

これを2回行います。
これで、「炭研ぎ」あとの目にうるしが吸い込まれ、堅牢で平らになります。

そこを
migaki
コンパウンドや、「角粉」といわれるみがきグッズで磨いていくわけです。

最終的には
migakisyuuryo
「炭研ぎ」のあとはすっかり消え、ツヤが出ます。

これで、とりあえず2回目の中間審査の現地視察(9月15日)の工程まで終わりました。
一安心です。


次回はいよいよ上塗りです。
スポンサーサイト



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)