FC2ブログ

箙(えびら)のその後2

箙の中塗りを研ぎ
ebira
最終の仕上げ塗りでうるしを塗ります。
ebira
塗り上げた後は、うるしむろで乾燥
ebira
うるしが垂れないように一定時間で上下を回転します。
ebira
最初は20分おきにくるくる。

2時間後から、1時間ごとにくるくる。

塗ったら終わりじゃないんです。
スポンサーサイト



箙(えびら)中塗り終了

箙(えびら)の中塗りを終了しました。
ebira
いい光沢ですが、中塗りです。

惜しい気もしますが、この後研いで上塗りをします。

注文品の製造も大詰め

今村様注文の仏壇も大詰めです。

すべての部品に金箔、金粉加工を施し組み立てに入ります。

一番気を使うところで、キズを入れたら目も当てられません。
imamurasama
あとは、扉を取り付けて蒔絵が完成すれば終了です。

今回、真夏の暑い時期にうるしを塗りました。

気温が高いと粘度が柔らかくなるのはうるしも同様です。

垂れて流れないように気を使いました。

まだ、完全に完成ではありませんので、納品してしまうまで気を抜けません。

あと、箙(えびら)ですが。
ebira
下地をしました。

下地が完全に乾いてくれたので一安心です。

向江様の修理は
mukaesama
サフェーサーを施しました。

着々と進行しています。

箙(えびら)のその後

お預かりしている箙に大きな問題が・・

うるしを塗っても乾かない。

大問題です。なぜ。ナゼ。

原因に考えられるのは、現在塗ってある塗料とうるしとの相性が考えられます。

はっきり言えることは現在塗ってある塗料がうるしではないこと。

どっちにしろ、塗料をはがさなばなりません。

シンナーでこすると、布に黒い塗料が付着します。お湯では変化なし。アセトンでは剥げる剥げる。
ebira
下地の赤になってしまいました。
以前は
ebira
御覧のように真っ黒。

もともと、赤のえびらだったのを何らかの塗料を塗って黒にしたのか?

黒の塗料は何だったのか?

謎は深まるばかり。

いずれにしても、作業が進めそうです。

今村様の注文品は9割方完成です。

現在蒔絵が進行中。
imamurasama

暑さも和らいできました。

最近過ごしやすい気候になってきました。

お盆近辺のうるしむろの環境は、気温32℃ 湿度80%だったのが、最近は気温30度 湿度70%まで落ち着いてきました。

当然、環境が変わるとうるしの調合も調整せざるを得なく、1週間ごとにうるしを調整しなおして塗っています。

ところで、今村様の仏壇は
imamurasama
うるしを塗り終わりました。

盆からこっち2週間はうるしの作業室にかんずめ状態で、一歩も外出しない日もあったとか。

家族以外とは会話もしなかった日もあったとか。

あとは、箔押し、金具取り付け、組み立てと作業を進めます。

今月半ばには完成の予定です。