FC2ブログ

鎮魂4~反響は大きい

被災地へ送る小型仏壇が完成し、マスコミ各社が取り上げてくれています。

昨日は、朝日新聞と読売新聞、および八女市の広報の取材が来てくれました。

そして、先だって取材に来てくれていた毎日新聞の記者さんから「今日の夕刊に載る。」とのお知らせが・・・



kiji

いい記事になっています。

写真では、癒し系の先輩職人「ノブタカチャン」がいい味出しています。

今朝は早くに八女市役所へ、市長への完成の報告に仏壇持って理事長、事務局と3人で行ってまいりました。

送り先は宮城県女川町と決まっているのですが、先方から「配布先がまだ決まっていないので、まだ発送しないでくれ。」と、ストップがかかっている状況だそうです。

早く、届けたいです。

スポンサーサイト



鎮魂3~そして送り先は決まった。

被災地仏壇完成。
hisaitibutudan
hisaitibutudan

ちっちゃくて、シンプルで、何の飾り気のない仏壇。

しかし、八女の職人の想いは届くでしょう。

製造に携わった職人は5名

組合長と伝統工芸士4名の豪華リレー

送り先は宮城県女川町に決まりました。

かなり被害がひどかった地域と聞いております。

発送の段取りが決まるまで、しばらく伝統工芸館に展示されるそうです。

鎮魂2~そして取材

被災地仏壇作業進行中。
hisaitibutudan
2度目の吹付を終え、十分乾燥させた後に組み立てに入ります。

ところで、本日は毎日新聞の取材です。

被災地へ送る仏壇の製造工程を取材です。

1からすべて国内で製造した国産仏壇を提供するのは八女だけらしく、マスコミも県も非常に興味があるみたいです。
syuzai

「数は少ないですが(20基)みんな思いを込めて製造に携わっています。」

少しでも被災者の方々の傷ついた心を癒せることができれば・・

この企画に参加できたことに誇りを感じます。

亡くなられた方々の冥福を祈りつつ、合掌。

鎮魂1

先日お伝えしましたが、当組合では被災地支援の一環で小型仏壇を寄贈する計画が進行しています。

出来合いの物を送るのではなく、組合員が手分けをして製造に携わり、八女で出来上がったものを寄贈します。
hisaitibutudann
非常に小型ですが、より多くを送りたいが為、また仮設住宅ではスペースの問題があるためこの大きさになりました。
当店では5基お手伝いをすることに・・・

塗りにかかります。
hisaitibutudan
木地屋さんが木目を生かした素材を使ってくれたので、黒で塗りつぶすのではなく透き通った感じに仕上げます。
前回、桶でやった溜塗にしようかと思案中です。

しょうゆ色出てますか?

角樽作業実行中。
リクエストはしょうゆ色
taru
光を当てたらこんなだけど
実際は
taru
こんな感じ。
どうですか?感じ出てますか?

小宮様のすす抜きは
コンパウンドで艶出し
tuyadasi
そして組立
komiyasama
こんな状態から
komiyasama
完成!
近日中にお届けします。