FC2ブログ

虫の季節になる前に

塗り場状況 気温18度 湿度60%

うるしを塗る状況としては最適です。

この時期を越えると、虫がうるしのにおいに誘われてどこからともなくやってくるので、この時期までにうるしの作業を終わらせたいところです。

完全密閉の塗り場も、小さな虫の侵入は完全には阻止出来ません。毎年、1~2回は塗り直しを余儀なくされます。

大坪様
あと1回で、うるし塗りが終わります。
urusi

刀のさや
乾漆を蒔きました。
乾漆とは、乾いた漆を粉に挽いたもので、表面をざらついた感じにする時に使用します。
kansitu

余談ですが、箸も仕上げております。
hasi
これは、来月の6日(日)にアクロス福岡で行われる工芸展のイベントである、「金箔押し体験」で使用する予定です。

一般来場者に金箔押しを体験してもらい、なおかつ、箔を押した箸をプレゼントするという太っ腹な企画。

これは来場の価値あり、ちなみに無料です。
スポンサーサイト



さやのその後3

さやのその後です。
Vカットした溝に接着剤を流し込み続けました。

3~4回流したでしょうか。しっかりと、くっつきました。

あとは、接合面をサンドペーパーをしっかりあてます。

そして、うるしを塗って、
sayaurusi
八女の特産、手すき和紙で接合部の補強です。
hokyou
何回か、塗って、乾かしを繰り返します。

これで、堅牢な下地になる事請け合いです。

うるしを塗っています。

作業の進ちょく状況です。大坪様

昨年お預かりした100年前製造の由緒あるお仏壇のうるし塗りに入りました。

宮殿修理や彫刻の彫り足しなどで昨年いっぱいを要し、やっと、今年に入り作業ができるようになった大坪様のお仏壇です。
kudenkudenn

宮殿です。
tyoukoku
彫刻です。
以上の2件の木地修理が昨年いっぱい掛かりました。

urusi
そして、現在うるしを塗っている本体部分です。
どうしても、内回りより本体の方が作業に手間がかかってしまいます。

小さい部品が多いので、破損紛失などがあったりした時に対応できるよう当方では内回りから先に進めてゆきます。

内回りがやっと終了し、本体の上塗りに掛かれたという次第です。



さやのその後2

刀のさやです。

さやの継ぎ目にノミでV字カットを入れ、接着剤がきちんと流れ込むようにしました。
sujime
そこに、瞬間接着剤アロ●アルファを流し込みます。
この接着剤のメリットは、早く乾き、強力で、なおかつ、接着剤自体で肉盛ができることです。(パテ代わりにもなるって事です。)
この接着剤の扱いは昔取った杵柄、ガンプラ作ってた頃の熱い心に火がつきます。

でも、デメリットもあって大量につけると乾かないっていう、なんか矛盾した弱点があったりします。

それで、今回は慌てず、騒がず、長期戦を覚悟して、作業を進めてゆきます。

まずは、木地に染み込ませる容量で1回。
settyaku
これを、毎日少量ずつ1回だけ行います。

Vカットの溝が埋まるまで続けるのですが何日掛かるかな?

刀のさやのその後

刀のさやです。

さやの構造は、単純に左右の貼り合わせです。

それで、まず左右のパーツが絶対に外れないように、つなぎ目にノミで筋目を入れて接着剤を流し込む事にしました。

やっと、ここまで・・・

現在、大坪様の進ちょく状況です。
kuden
まだ、単体ですが宮殿は完成です。
作業前はこんなでした。

suge-kuden
金箔はかろうじて残っておりましたが、木地の破損がひどく、解体した瞬間バラバラになってしまいました。

こちらは、彫刻です。
tyoukoku

かなり、部品が欠損しておりましたが、・・・

というわけで、昨年中は、宮殿職人さんと彫刻職人さんに、木地の組み直しや、部品の作り足しをお願いしていた次第です。

今回は、蒔絵職人さんに盛り上げを頼むべく、「マツモトさん」にご足労をかけました。
matumoto
盛り上げをする部品だけ持っていってもらいます。

ところで、このマツモトさんは、八女の仏壇組合1番のアスリートで、トライアスロンをやってあります。

以前、走り方や泳ぎ方を教えてもらったんですが、ぜんぜん身につきませんでした。

マツモトさんのご紹介はまた後日・・・

作業の進ちょく状況。大坪様編でした。