FC2ブログ

続、カズオミの憂鬱

ここで、私がカズオミのお父さんとの会話の中で印象に残っている会話がありますので、それを披露したいと思います。

が、続きは次回へ・・・のつづきです。

数年前の事です。

当店から30数年前お仏壇を購入されたお客様から、塗りなおしの依頼を受けた時の話です。

そのお仏壇についている金具を一つ残らず取り外し入部さんの作業場に持っていきました。

[回想シーン]

私、「この金具外しよったらひん曲がったけん、叩いてのばしてもらえるやろか?」

入部さん、「あぁ。」おもむろに金具の一つに手を伸ばし、
      
       「これは、親父がうった金具やね。」

私、     「わかると?」「なんで?」・・当然そんな事を事前に話していません。・・

入部さん、 「わかるばい。」
      
        「これは、あにきが打っとる。これは親父。これは、あにき・・・」

     ・・手に取るや次々と言い当てます。私にはまったく同じ金具にしか見えません。・・
      
       「おれが打っとる金具のなかけん、30年くらい前んとやろぅ。」  

私、     「まるで、同じ図柄やね、どうして判ると?」

入部さん  「くせのあるとたい・・」

私、    「親父さんが作ったという事を言い当てただけでもすごかつに、年数まで言い当てられると       は脱帽やね。」

そういった会話をした事があります。

私はそれまで正直、手打ち金具はうすっぺらで、柄がゆがんでたりとか、ビミョウに不揃いだとか、あまりよくは思っていませんでした。

厚いプレス金具に取り替えてやったほうがお客さんも喜ぶだろうと思い込んでいました。

しかしそんな会話の後、手造りの品には小さな部品ひとつにも多くのストーリーや作り手の歴史が隠されているって事に気づかされました。

ちょっと感動し自分の仕事にちょっと自信を持った出来事でした。



     

スポンサーサイト



カズオミの憂鬱

先日の金具の話にお付き合いいただきまして有難うございます。

前回は金メッキの話でしたが、今回は金メッキをする前の金具が出来るまでのお話です。

当店は、手打ち金具職人の入部さんとお付き合いをさせていただいています。
そこの跡継ぎの「カズオミ」が金具の採寸にやって来ました。
saisun
ご覧のように実寸を型紙にうつし、それを元にタガネで彫金細工を施すのが「金具師」の仕事です。
saisun2
八女の職人では若い部類にはいる「カズオミ」です。
ちなみに、カズオミの父親も現役の金具師で、叔父さんも現役の金具師です。
おじいさんも金具師だったと聞いています。

金具師の一族ですね。

金具師は、一枚の銅版に型紙から型を起こして、それを何種類ものタガネで模様を彫りこんで金具に仕上げてゆきます。木地に合わせて型を起こすので寸分違わぬ金具が作られます。八女の仏壇のどのジャンルの仕事でもそうですが、作り置きできるものではありません。
kanagu

一度木槌を振り下ろせば次々に模様をかもし出し、徐々に完成してゆくその光景は、傍からずっと見ていても飽きるものではありません。

ただ失敗した場合、その金具はやり直しが利くものではなく廃棄されます。

ずっと、何時間も作業台の前に鎮座し、タガネと木槌で彫金する仕事をするにはかなりの集中力が要求されます。


ここで、私がカズオミのお父さんとの会話の中で印象に残っている会話がありますので、それを披露したいと思います。

が、続きは次回へ・・・

組み立て進行中!堤様

金具を打ち終えて、組み立てに入りました。
totyuu
組み立て途中です。
金箔にキズを付けないよう気をつかいます。
なんだかんだで・・・・
syuuryou
組み立て終了。
八女の仏壇の特色は、極力金釘などを使用せず、竹串やホゾ組みでしあげてあるので、解体や組み立てが容易にできます。
納品日の確認のお電話をさせていただきます。よろしくお願いします。


続・金具の話

ところが、この無敵に思われる金メッキにも弱点があります。それは・・・・次号へつづく。

前号の続きです。

金具の金メッキをするうえで、重要なのが下地処理(酸洗い)だといわれています。いわゆる、油分、水分などが残っているとメッキがうまくのらないということです。人が素手で触れただけで油分がくっきり残ります。(以前、指紋?掌紋?らしい柄が入った金メッキ金具を見たことがあります。)

だから、下地処理にはかなり強い酸性の薬物を使用するとも・・・

金属の表面を電子顕微鏡で見てみると「す穴」とよばれるあなぼこだらけだとか、その穴ぼこに微量残留した強酸性の薬物が長い年月(十数年~数十年)でメッキの表面にしみだしサビをつくる原因になることがあります。というのが最大の欠点です。

その欠点は改善することが困難らしく、今後の課題といわれています。

当店では、すすぬきや塗りなおしなどを行う時、金メッキ直しもお勧めしています。金メッキ製品も数十年に一度はメッキ直しをした方がよいということです。

堤様
kanaguuti
その金具を同じくメッキした鋲で取り付けます。
kanagutoritukekanryou
金具打ちが終了した部品です。
あとは、組み立てに入ります。

金具の話

堤様

本日、金具の金メッキが仕上がってきました。

当店は、鹿児島の金メッキ加工業者と取引をしております。
kinmekki

せっかくですから、ここで少々金具のお話を。

仏壇の金具は、銅や真鍮といった素材から出来ており、それを金メッキして同じく金メッキを施した鋲でとりつけます。
金メッキ加工のない数十年前は、金具にじかに金箔を押して(貼って)いたそうです。

金箔を貼ったものは、拭えば取れてしまいます。それに比べて金メッキは電着しておりますので拭ってもはがれません。当時は画期的だったと思われます。

ところが、この無敵に思われる金メッキにも弱点があります。それは・・・・次号へつづく。




イメチェンです。

おっす、ふくだよ。
久しぶり!
イメチェンしてすっきりしました。
fuku
こんなんが・・・・
fukusonogo
こうなりました。
しめて、5000円。
よく
「やせたねぇ~。」(体重かわんねぇよ
とか
「いぬ、変わったんですか?」(アクセサリーじゃないんだから
とか言われるけど、そんなに変わったんかな?
サマーカットふくは元気に出勤してます。

納品ついでに・・・

出来上がった脇箱を納品しに大宰府市へ行きました。

そのついでに観世音寺へ行ってきました。
sandouiitenki
いい天気です。
こういう日はちょっと寄り道したい気分になります。
kanzeonji
観世音寺が見えてきました。
ここには宝蔵があって文化財の仏像群が見ごたえがあります。
入館料500円以上の価値あり。
ただし、写真撮影禁止なので、画像なし。

大宰府へ行ったら是非お立ち寄りください。





お待たせいたしました。

お待たせいたしました。武田様

脇箱の完成です。
wakibako

こんな状態から
wakibako
下地やって
sitaji
中塗りやって、
wakibako
上塗りやって、
takedasama
蒔絵描いて
makie1
やっと、完成です。
早速お持ちします。お楽しみに!

堤様
金具をメッキ直しに出しております。
連休中ですので、業者がお休みしております。
金具修理が終わりましたら、組み立てに入ります。

もう少しで完成!

江口様
先日の納品時は大変お世話になりました。
今後も末永くよろしくお願いします。

武田様
蒔絵が完成しつつあります。
makie1
makie2
リクエストの「家紋と花丸」といった柄をあしらいました。
丸々4ヶ月かかりましたが、完成間近といったところです。

堤様
お預かりしているすす抜きのお仏壇の解体とすす抜きが終了しました。
susunuki
ゴールデンウイークをはさみますので、5月の後半には納められるかと思います。

商品在庫
20号の大谷派伝統的工芸品を1本完成させました。
6月のアクロス福岡のイベントの出展候補です。